最適な塗料選び 最近の売れ筋はオイルステイン

ウッドデッキのメンテナンスはまず、最適な塗料を選ぶことから始まるといっても過言ではないでしょう。

屋外用の塗料には実にさまざまな種類があります。

水性・油性、浸透性・非浸透性、仕上がりが透明なものと不透明なもの、重ね塗りが必要なものと一度塗りで大丈夫なもの、国産品に輸入品etc……。

以前は屋外用の塗料といえば油性のものが主流でしたが、水性のものも人気が上がってきています。
うすめ液に水を使用でき、臭いも比較的穏やか、乾燥に時間がかからないため、油性塗料に比べて扱いやすいというのがその理由のようです。
気になる耐水性ですが、いったん乾いてしまえば大丈夫。
一方で、対候性という面からみれば、やはり油性に軍配が上がります。
一般に、定番と言われている商品のほとんどは油性です。

また、ウッドデッキ用の塗料として主流になっているのが浸透性の塗料です。
塗膜を作らず、木材に浸透して腐敗を防ぐという仕組み。
一見、塗膜を作る非浸透性塗料のほうが耐久性がありそうな気がするのですが、塗膜がいったん破れてしまうと、そこから腐敗が始まることが多いのです。

木地や木目を生かしたい、という場合はステインが良いでしょう。
木肌が透けて見えますが、素地は好きな色調に着色できます。
浸透性が高く、通気性とはっ水効果を兼ね備えたオイルステインは、最近の一番人気です。

いずれの塗料も、一度塗ればOKというわけではなく、定期的な塗り直しが必要になってきます。
また、一度塗りを謳っている商品でも、重ね塗りをすることでより耐久性が増します。
時間と費用が許す限り、重ね塗りをお勧めします。

 



=関連の記事を読む=

»